東北大学 虹色みとこんブログ
東北大学生のセクシュアルマイノリティの当事者、また、自分のセクシュアリティについて考えている者が、交流できる場を創出すること目的としたサークル、虹色みとこんのブログです。

プロフィール

虹色みとこん

Author:虹色みとこん
虹色みとこんは東北大学生のセクマイ当事者を対象とした、セクシャルマイノリティ―サークルです。
連絡先:rb_mitocon@yahoo.co.jp
ツイッター:@rb_mitocon



カテゴリ



最新記事



最新コメント



アクセス数



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Twitter



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



交流会を開催しました!

こんにちは!虹色みとこんのあかりです。
この度ショウさんから代表を引き継ぎ、2015年度代表を務めることになりました。
至らない点も多々あるかと思いますが、精一杯みとこんを盛り上げていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。


さて、早速ですが先日は今年度初交流会でした!
レズビアン、ゲイ、バイ、パンセク、トランスさんとセクシャリティ的に豪華な顔ぶれで、笑
GW真っ只中でしたが8名のメンバーが集まってくれました。
真面目な性の話からぶっちゃけ話まで、とても楽しい時間を過ごせて嬉しく思います!

みとこんで集まると毎回思うのですが。
セクシャルマイノリティ、とひとくくりにサークル活動をしてはいても、それぞれいろんな方が集まり、お互いの事で分からないこともあります。
特に、ほぼ毎回恒例な気がするのですが、レズビアンからゲイ、またはゲイからレズビアンへ、「こっち界隈では○○だけどそっちはどうなの!?」といった質問が飛び交うのがとっても楽しいです。笑
分かる!!という共感もあれば全然違うんだね!という発見もあり…本当に話題が尽きません。


少数派として普段は言えずにいることを、何も恐れる必要なく、堂々と、楽しく、何でもさらけ出してしまえる空間が、セクマイサークルの醍醐味だと思っています。
少数派のなかにもさらにさまざまな人がいますし、全てを共有することはできないのかもしれませんが。
でも少なくとも、性について、何を思っていても、それを変だとか、笑ったりだとかするようなメンバーは一人もいないです。し、これからもそんなサークルであり続けたいなーと思います。


最後になりましたが、みとこんではまだまだ、いつでも新規メンバーを募集しています!
メンバーのほとんどが途中参加ですし、いままで一度もマイノリティの人に会ったことがなかった、カミングアウトをしたこともなかった、という人もいます。
プライバシー上、正式な大学サークルとしては申請を出すことができずにいますが、決して怪しいサークルではございません!
(去年はそれで参加を躊躇ったという話も聞いたので、念のため…)

質問や仮加入、お試しに数人のメンバーとお茶だけ…などでも、興味を持ってくれた方がいらっしゃいましたら、お気軽にメールをくださるとうれしいです。
アドレスはrb_mitocon@yahoo.co.jpです。
所属学部や学年、本名などについてどこまで明かすかは本人に任せるという形をとっていますので、ハンドルネームだけでのメールでも大丈夫です。


では、長くなってしまいましたが!
これからも虹色みとこんをよろしくお願いします!



虹色みとこん あかり

DSC_3205.jpg
スポンサーサイト

はじめましてあきですどうも。

みなさまどうも、ビアンよりパンセクなあきと申します。
一応書いておくと、アッキーとは別人です。笑

ブログをメンバー内で回し書きしようという初の試みの、初月担当のうちのひとりになってしまいました。
これからの流れが決まるよ!!なんて愛のあるプレッシャーを頂戴しております。笑


前回の交流会には久しぶりに参加でき、半年?一年?ぶりの再会を果たしたり、今までに比べ女性の割合が増えていたり、活動の幅が広がる予感な話し合いができたり。
後半には普段できないような恋バナに花を咲かせたり。過疎っていたtwitterのセクマイアカウントに一気にお仲間が増えたり。

特に恋バナはね!カムしてるノンケ友達とできないことはないけど、共感は難しいし、具体的なアドバイスをしあうこともほとんどできないから。
そういうのをオープンに、思いっきりみんなで話して、一緒に悩める場があるっていいなーと改めて感じた一日でした。

充実していてとても楽しかった!この場を借りて、みなさんありがとう。



みとこんに参加してよく思うことなんですが。
女性のセクマイメンバーは、大抵大学に入るまでに恋人がいたり、同じような友達を見つけていることが多い、ような気がするんですよね。男性に比べて。

みとこんに参加して初めて同じような人と出会った、とか。アッキーがこの前記事に書いてくれてたみたいに。
初めて人前で堂々と、「セクシャリティはゲイです」と声に出して言った、とか。
男性からはそういう話をよく聞きます。


私は高校時代から周りに恵まれていて、今よりは少ないけれど、味方だと思える人がいました。
すごく恵まれていたと思う。
それでもとても、悩んで不安になったし。
なので大学に入るまでずっとそんな仲間を見つけられなかった人は、どれだけ大変だったんだろうと。想像もつきません。

普通に同性への恋の話を和気あいあいとできる空間があるって、当然のようで、本当に素敵なことです。

他のみなさんの記事を読んで、余計にそう感じます。


このサークルの存在も知らずに、心細い思いをしてる人も学内にまだ沢山いるんでしょうな。
そういう人たちがすこしでも、素直に全部さらけ出せる場であってほしいし、そうなるようにメンバーのひとりとしてもっと盛り上げれたらなと思うのでした!

ビラ戦争が落ち着いた頃にでもまた、広告活動をしていこうという話もでてますし。
新メンバー集まるといいなー!




さてさて。
今年もいろんな企画が持ち上がっていましたが、個人的に楽しみなのが鑑賞会なんですよね。
去年はどうしても参加できず、泣く泣く見送ったので今年こそは絶対参加したい…!


そしてこのブログのカテゴリにも、感想なるカテゴリが増えたのですよー。
自分で持ってるもの、見たものの感想を共有して行きましょーというわけで。

せっかくなので、そのうち私もいくつか記事をあげたい!


そうそう最近、おなじみド定番な「Lの世界」をついに見始めました!
でもまだシーズン1までしか見てないので。とりあえずこちらで。

女優さんに当事者の方が多いだけあって、雰囲気がとってもリアルでした。話の中身というよりは空気感が。
それと知らなかったので驚いたのですが、子供をもつために奮闘するカップルさんのお話もあるのですね。

ビアンを自覚した時点で漠然と子育ては他人事な節があったのですが…ここ数年でそれを改めつつある自分であります。

所謂「一般的」の型にはまろうとする考え方なのかもしれないし、同性愛者である以上、自然に新たな命を授かることはない。
でも尊敬し合えるパートナーと、一対の人間として家庭を持って、その温かさを次の世代へつなぐということができるのは、単純に素敵なことだなーと最近思うのです。
簡単に結論付けられるものではないけれど。
逆に、当然が成り立たない私たちだからこそ、本質を考え、悩みぬいて後悔しない決断をできるんじゃないかな、とも。


うーん…Lの世界、続きが気になる…!





そんなわけで、話しがあっちゃこっちゃいきましたが。
次の交流会ももうすぐ!楽しみです!


ではここいらで失礼します。あきでした~。