東北大学 虹色みとこんブログ
東北大学生のセクシュアルマイノリティの当事者、また、自分のセクシュアリティについて考えている者が、交流できる場を創出すること目的としたサークル、虹色みとこんのブログです。

プロフィール

虹色みとこん

Author:虹色みとこん
虹色みとこんは東北大学生のセクマイ当事者を対象とした、セクシャルマイノリティ―サークルです。
連絡先:rb_mitocon@yahoo.co.jp
ツイッター:@rb_mitocon



カテゴリ



最新記事



最新コメント



アクセス数



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Twitter



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



お知らせとか

どうも、お久しぶりです。昨日はバレンタインでしたね。
自分の好きなコがモテまくりで机の上に本命っぽい贈り物が複数個……という夢を見ました。
何気にあり得そうな光景なので怖いです。
チャラそうな奴が色目を使ったりもしていたので、「俺のコに手を出すんじゃねぇ」という意思を込めて思いっきり睨み付けてやりました(もちろん夢の中で)。
正夢にならないことを願うばかりです。

さて、お知らせです。今年の3月に第3回国連防災世界会議が仙台で開催されますが、それに合わせたパブリックフォーラムに、レインボーアーカイブ東北さまが参加することになりました。
参加するのは仙台市市民活動サポートセンターにおけるテーマ館企画です。東日本大震災におけるセクマイの姿を振り返り、今後の備えについて考えるという企画となっています。
パネル展示では、被災地の当事者団体と「3がつ11にちをわすれないためにセンター」が集積した当事者の震災経験手記が展示されます。
トークイベントでは漫画家・コラムニストの井上きみどりさまをゲストにお迎えし、多様な性の人々が互いに尊重しながら暮らすためにはどうすればよいのかを考えます。
多様な在り方を認め合いながら生きることはセクマイに限らず大切なことですので、セクマイの人もそうでない人も、是非お越しください!

<パネル展示>東日本大震災が「多様な性の当事者たち」にもたらしたもの
3月14日(土)~17日(火) 9:00~22:00
仙台市市民活動サポートセンター 3階交流サロン
入場無料

<トークイベント>多様な人々が互いに尊重しながら暮らしていくには ~多様な性の当事者たちと東日本大震災~
3月15日(日)19:00~21:00
仙台市市民活動サポートセンター 3階交流サロン
参加無料・予約不要  英語通訳・要約筆記つき

今年は2015年なので、もう震災から4年も経つことになるんですね。
そういえばあの時はずっとイヤホンをつけて曲を聴きながら食事をしていました。
行儀が悪いと思うかもしれませんが、電気のつかない暗闇の中で家族全員が集まり、もそもそと保存食を食べる…という雰囲気にどうしても耐えられなかったのです。
あのころを思うと「普通」に生活できることのありがたみを感じますね。
利便性の点でもそうですが、精神的な負担も相当なものでしたし。

最後に今後のみとこんについて。
2月下旬~3月上旬あたりに今年度最後の交流会を開催しようかと思っています。
「最後」というと、何だか切ないですね。
色々と(良くも悪くも)思うところがあるかもしれませんが、笑顔で追い出してくれるとありがたいです。

スポンサーサイト