東北大学 虹色みとこんブログ
東北大学生のセクシュアルマイノリティの当事者、また、自分のセクシュアリティについて考えている者が、交流できる場を創出すること目的としたサークル、虹色みとこんのブログです。

プロフィール

虹色みとこん

Author:虹色みとこん
虹色みとこんは東北大学生のセクマイ当事者を対象とした、セクシャルマイノリティ―サークルです。
連絡先:rb_mitocon@yahoo.co.jp
ツイッター:@rb_mitocon



カテゴリ



最新記事



最新コメント



アクセス数



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Twitter



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごあいさつ

こんにちは、ショウです。
先日はお忙しい中、交流会にお越しくださりありがとうございました。
ささやかながらも楽しい会になったと思います。
今まで何度も参加してきた交流会もこれで最後かと思うと、なんだか寂しく感じます。

自身もつい昨日大学を卒業し、みとこんも世代交代の時期となりました。
今年度は自分が当サークルの代表を務めさせていただくことになったんですが、実は集団の代表的な位置についたのは小学校のグループ活動以来なんですよね。
調子こいて慣れないことをし、迷惑をかけてしまったこともありましたが、そうした時でも文句を言わず優しくフォローしてくださったメンバーの方や他団体の方には本当に感謝しております。
ありがとうございました。


さて虹色みとこんは東北大のセクマイが集まるサークルですが、こうした場で同じ立場の人々に出会ったり、自分の思いを素直に語ったりできることは、セクマイ当事者――特にクローゼットの方にとって、とても大きなことだと思います。
では自分自身もそうしたセクマイサークルならではの特徴ゆえに興味を持ち、参加を続けてきたのかと言えば、そうではありません。
率直なところ、自分がセクマイであることを何となく理解しつつも、特にそれについて悩んだこともありませんし、同じ立場の人々に話したり相談したりしたいと感じたこともありませんでした。
しかし、それでも当サークルは自分にとって重要なものでありました。
それはなぜか?
自分はこのサークルでの出会いや教わった知識を通じて、考える機会を得ることができたからです。
自身のセクシュアリティについて。それに基づいた生き方や他者との関わりについて。
こうしたことについて考えることで、自分のあるべき最も居心地のよい形を見つけることができると同時に、様々な人の在り方について寛大な視点を獲得することができました。
今の自分は、みとこんがなければ確実に存在しえなかったでしょう。

みとこんは特に何か積極的な活動をするわけではありませんし、セクマイに関するまじめな議論を頻繁に交わし合うこともあまりありません。
することといえば、仲間と集まってのんびり話をすることが大半です。
しかしだからといって、決して当サークルが無意味なわけではなく、活動を通じて自分にとって刺激となるものをつかみ取ることができます。
そうした機会を与えてくれるのが、みとこんの大切な役割の一つだと思います。
人により当サークルの意味するところも、そこからつかみ取れるものも様々でしょうが、みとこんでの活動を通じて得られるものが、皆様にとって良いものであることを願っております。


では最後に自身の歌の引用をもって締めさせていただきます。

 僕の行く先にユートピアはない
 踏みしめた土の上 虹の花を咲かす

世界は少しずつ良い方向へと変わりつつありますが、常に満足できる結果がもたらされるとは限りません。
セクマイとしての不自由を強いられたり、仕方なく周りに合わせたりすることもあるかもしれません。
ですが、たとえそうした中でも、セクマイであることをはじめとする自分らしさは見失わずにいたいものです。


それでは皆様、長い間ありがとうございました。
今後も虹色みとこんを、どうぞよろしくお願いします。


 平成27年 3月
 虹色みとこん代表・自称芸術家  さねかずらショウ


スポンサーサイト

レインボーアーカイブ東北さまのパネル展示、見てきました

暖かくなってきましたね。
みとこんで活動できる期間も、もう残りわずか。そう考えると少し寂しいように思えます。

さて先日一度仙台に戻り、多忙でなかなか会えない知人と遊んだのですが、ちょうどその日が第3回国連防災世界会議の時期と重なっていました。
そうです、第3回国連防災世界会議といえば、前回こちらでも宣伝したレインボーアーカイブ東北さまのパネル展示がサポセンで実施されている期間にあたります。
そこで、せっかくの機会なので、知人とともに仙台市市民活動サポートセンターへと向かうことにしました。

展示があったのはサポセン3階にあるスペースの一角。
震災におけるセクマイの課題の概要などがまとめられた大きなポスターの下には、震災を経験した当事者による詳細な手記が置かれていました。
セクマイならではの苦労や、セクマイか否かのカテゴライズを超えた困難など、手記に書かれていた経験は人により様々でしたが、震災という非日常を通じてセクマイのありのままの姿が浮き彫りになっていました。
震災という一見限定的なテーマを取り扱ってはいますが、そこから見えてくるのは、世間からの呼ばれ方に対する反応やセクマイ団体の在り方など、当事者個々人の本質的な部分だったように思えます。
震災を通じて普段当たり前のように利用しているライフラインや食料品のありがたみがわかった、という経験をした人は多いと思いますが、非日常的な状況というのは物事の本質を明らかにするものなのかもしれません。
「震災=悲劇」に終わらせず、そこから少しでも未来につなげられるものをつかみ取っていきたいものですね。

また、手記と一緒に協賛団体のチラシやコメントノート等も置いてありました。
チラシの中には初めて見るものも多かったです。
しっかりゲットしてきたので、今度の交流会に持っていこうかと思います。

今回の企画では、普段見聞きする機会の少ないことを知れるという興味深い経験をすることができました。
こういった機会が今後もっと増えていくとと良いですね。
それでは今日はこの辺で失礼します。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。