東北大学 虹色みとこんブログ
東北大学生のセクシュアルマイノリティの当事者、また、自分のセクシュアリティについて考えている者が、交流できる場を創出すること目的としたサークル、虹色みとこんのブログです。

プロフィール

虹色みとこん

Author:虹色みとこん
虹色みとこんは東北大学生のセクマイ当事者を対象とした、セクシャルマイノリティ―サークルです。
連絡先:rb_mitocon@yahoo.co.jp
ツイッター:@rb_mitocon



カテゴリ



最新記事



最新コメント



アクセス数



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Twitter



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界エイズ・デー Living Together

こんにちは
千波です(^^♪

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、12/1は世界エイズ・デーでした。
(↑レッドリボンは薬物乱用の防止、AIDS に対する戦いの象徴です)

HIVというのがウイルスの名前です。HIVウイルスに感染したひとをHIV+・ポジティブ・陽性者といいます。
そしてそのために体の抵抗力が落ちて他の病気にかかりやすくなったことがAIDS(エイズ)です。

エイズは性的接触の関係やゲイ・リブに関係した経緯からよくゲイ・コミュニティと関連して話されます。実際に男性間の性的接触で感染する場合も多く、ゲイやバイの男性のエイズの予防や検査の意識も高いと言われています。

でも、HIVは決して「同性愛者がかかるもの」でも「節操のない人がかかるもの」でもありません。

私は以前「彼氏の元カノの元彼の元カノの……」というCMが流れているのを見たことがあるのですが、本当にそうだと思います。恋人の元彼の元カノの名前もどんな人かも知りません。
日本では「自分に関係のないこと」と考えている人がまだたくさんいるように思います。

そのような状況のなかで、世界エイズ・デーは世界規模でのエイズ蔓延の防止、エイズ患者やHIV感染者に対する差別・偏見の解消を目的とし、1988年に世界保健機関により定められた国際記念日(国際デー)です。(wikipeda参照)世界の各地でエイズに関する啓発活動が行われているそうです。

昨日は仙台でもHIV啓発活動をしている団体がイベントを企画され、私も市民活動サポートセンターで開催されたピアノコンサートに行ってきました。ピアノ演奏の間にHIVポジティブの人やその近親者の手記のリーディングがありました
この手記は「Living Together」というタイトルでNPO法人ぷれいす東京から出版されているようです。
写真がたくさん載っていて、それぞれの方の手記がとても身近に感じられました。

HIVポジティブの場合でも投薬治療によって以前と変わらない生活を送っていらっしゃる方もたくさんおられるそうです。手記の中には無事子供を出産なさったご夫婦の手記もありました。

感染防止のためにはやはりセーファーセックスが大事です。
また、検査は無料・匿名で行われており、即日検査もあるそうです。

私自身、エイズに関する知識が古かったり、知らないことがたくさんあるなぁと感じています。
知っていればいいかというわけでもないのですが、知ることによって過度に怖いという気持ちを持ったり、偏見を持ったりすることを減らしていけるのではないかと思います。

そして、一刻も早く治療法が見つかること、感染が抑制されてウイルスが撲滅することを願っています。
そのために「Living Together」ちゃんと向かい合って共に生きていくことがとても大切だと思います。

わー、真面目な話しちゃいましたー///

さて、12月になり来年度卒業される方の民間企業の就職活動が始まりましたね。
人生を決める大切な時期になると思います。みなさんがそれぞれ希望の道にすすめますよう応援しています

では!

追記 12/9まで、仙台市民活動サポートセンター5階で写真展「Positive Lives」が開催されているそうです。
よろしければどうぞ。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://rbmitocon.blog.fc2.com/tb.php/17-79aff295
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。