東北大学 虹色みとこんブログ
東北大学生のセクシュアルマイノリティの当事者、また、自分のセクシュアリティについて考えている者が、交流できる場を創出すること目的としたサークル、虹色みとこんのブログです。

プロフィール

虹色みとこん

Author:虹色みとこん
虹色みとこんは東北大学生のセクマイ当事者を対象とした、セクシャルマイノリティ―サークルです。
連絡先:rb_mitocon@yahoo.co.jp
ツイッター:@rb_mitocon



カテゴリ



最新記事



最新コメント



アクセス数



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



Twitter



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自己紹介(たか○)

こんにちは.はじめまして.
たか○です.(以後 たか丸 でいきます;)

今回は私の自己紹介と 虹色みとこん の活動を通して思ったことを書きたいと思います.

では,自己紹介から.
私は今年の5月から 虹色みとこん に参加しています.修士1年生のFTXです.好きになるのは女の人です.
セクシャルマイノリティとしてオープンに他人とかかわり始めたのも,みとこん が初めてです.虹色みとこん 以外ではクローゼットにしています.性別に対する違和感は,幼いころからずっと感じていて,自分は男なのになぁ,と思いながら過ごしてきました.幼稚園のスカートも泣きじゃくりながら着ていたそうです.しかし,男性にはなりきれない,という現実を,成長するにつれ受け入れざるを得なくなりました.中学校は制服を着ないと登校出来ないですし,泣きじゃくるわけにもいかないですしね.けど自分は女性ではない.けど男性にもなりきれない.どっちつかずの感覚に苦しんでましたが,Xジェンダーという言葉を見つけてからは,まぁどっちつかずでもいっか,という気持ちで自分をXと名乗ることにしています.

次に,活動を通して思ったこと.
虹色みとこん の活動としては,月1の会合と,東北レインボーSUMMERフェスティバル,room L に参加しました.
今までイベントなど行きたくても,一人ではどうしても行きづらく,参加を渋っていたのですが,今回は 虹色みとこん のメンバーと一緒に参加してきました.みとこん に参加して数か月ですが,様々な人に出会えました.レズビアンやゲイ,バイ,X,パンセク,ノンセク,アライの方にも会って話をしました.男だから,女だから,という考えでなく,性別は多様だ,という考えが普通である環境に出会えました.自分もそう思っていたのに,その環境はとても新鮮に感じました.安心しましたし,なにより多くの人と出会えて楽しかったです.

今後の活動への期待.
私は,幼い頃から自分の性別に違和感を感じてきましたが,女性を好きになる事に違和感を感じたことがありません.なぜなら,自分は男であると思っていたからです.男性が女性を好きになるのは普通だと思っていたからです.しかし,今思うとこの考えは偏った意見ですね.同じように,今の自分の中にも,まだまだ偏った考えが,気付かないけど多くあると思っています.虹色みとこん の活動を通して,多くの人と話して,自分の視野をもっと広げていきたいな と考えています.

最後に,虹色みとこん の活動に興味のある人へ.
現在のメンバーは15人ほど.その中で私と同じように今年から参加したは10人弱です.月1で会合を開いています.活動内容はそこで話し合って決定していきます.セクマイとして友達が欲しい,イベントに行ってみたいけど1人じゃ行きづらい,交流会に参加したり企画したい,自分の視野を広げたい,という方は連絡してください.メールアドレスは rb_mitocon@yahoo.co.jp です.ご連絡お待ちしております.

それでは,ここまで読んでくださりありがとうございました.

東北レインボーSUMMERフェスティバル体験記

こんにちは、さらと申します。
1年生の頃からみとこんに所属しておりましたが、気付けばもう4年生になってしまいました。記事を書くのは初めてになります。パンセクシュアル(全性愛者)です。(いずれこれについても何か書きたいところ)今回は、先日8/2に開催された東北レインボーSUMMERフェスティバルのレポートを書くことに致します。

私が仙台に来たのは大学に進学してからで、1年生でひとりお茶っこ飲み会の門扉を叩いてから度々こういったLGBTのイベントに参加してきました。ゲイの方のイベントは全く存じておりませんが、少なくともレズビアン&バイ向けのイベントはここ2,3年で活発になってきたように思います。今回のフェスティバルも、その変遷のひとつの象徴的な出来事だなあと思った次第です。

内容としては第一部でポエトリー・リーディング&トークショー、HIV陽性者の方の手記の朗読。第二部はドラァグ・クイーン(女装)たちのパフォーマンス、ろうLGBT団体によるスライド、恋を伝えるオペラ。どの内容も(色々な意味で)濃くて、とても楽しめました。
個人的にはトークショーでの「男も女も好きなことは、ごはんもパンも両方食べれるのと同じ、お得なこと」という発言にくすっとしつつ、そんなふうに軽く物事をとらえることも大事だなあと思いました。
舞台上ではそういったパフォーマンスが行われている間、ブースも様々設置されていました。バーカウンターからボディペイントのブースまで。各LGBT団体による物販もありました。虹色、とは多様性を示すLGBTのシンボルカラーなのですが、虹色を扱った雑貨も取り扱われていました。(ちょっと前にツイッタ-のアイコンを虹色にするのが流行りましたね。あれはアメリカの同性婚が全州で承認されたのを祝してのことでした。)

たくさんの、いわゆるノンケの方に、こういったイベントがあることを知ってほしいと思いながら、まだまだ自分のセクシュアリティを公にすることには抵抗があります。私が重く物事をとらえがちなのかもしれませんが、ホモセクシュアルをネタとして扱う人の多さには、この口を開く気にはなれません。学生(高校生含む)のLGBTから成る団体の七夕短冊も同じ建物内に展示されていましたが、「ホモネタつらい」と、その言葉のどれほど悲痛なことか。今回のイベントを通して、多くの人がひとりでも、隣にいるかもしれないLGBTのことを想う機会が増えることを願って、筆をおきたいと思います。


遅ればせながら自己紹介(のず)

 はじめまして。初めて記事を書きます。今年度からみとこんの活動に参加しはじめたのずと申します。今回は、僕の自己紹介とサークルに加入したきっかけ、みとこんに関して書こうと思います。

 まず、僕がどういう者かというと文学部の学部2年生の男です。周りのノンケに大っぴらにしているわけではないため、あまりに詳しいことを書くとたまたまこの記事を閲覧した知り合いにばれてしまうかもしれません。ということで、僕に関することはこのくらいにとどめさせてください。男の人が好きです。

 つぎに、このサークルに加入したきっかけを書こうと思います。僕の場合、去年知り合ったゲイの友達の中にみとこんの活動に一度でも参加したことのある人が幸いにも数人いました。また、実際に加入していて積極的に参加したいのだけど、他に所属しているものとの兼ね合いが難しくてなかなか参加できていない・・・という人もいました。このように、周りの知り合いたちからみとこんに関する話を聞く機会があり、僕は環境的に恵まれていたのだと思います。

 みとこんの存在は去年から知っていました。あるいはもう記憶が定かじゃないのですが、ひょっとすると入学する前から知っていたのかもしれません。でも、実際みとこんがいつ、どこで、どんなことをしているのかがよく分からず、参加には踏み切れませんでした。みとこんって、他の学友会やサークルと比較したときにどうしても何をしているのか発信しにくいんですよね。しかし、それはみとこんが活動を全くしていないからではありません。というのも、みとこんの活動に参加するみんながみんな、みとこんに所属していることを周りに知ってほしいわけではないからです。これが、みとこんが情報を発信しにくい一つの理由であり、同時にそれは活動に参加している人たちのプライバシーを守るがゆえの、ちょっと仕方のないことなんだと思います。これに関する話は6月のはじめに交流会でも話しました。ただ、自分の性について悩んでいたり、みとこんに興味や関心を持ちながらも、なかなか近づけない人も少なからずいるんだと思います。そういった人たちのために、この記事が少しでも有益なものになれば本当に嬉しいです。

 みとこんの活動に初めて参加したのは、GWの交流会(という名の飲み会)です。そのときはすでにみとこんに加入していた友達に誘ってもらいました。その友達から「今度、交流会あるんだけど行かない?」と誘ってもらったときは、皮膚の下から嬉しさが噴き出しそうでした。GWの交流会の詳細は今年度代表のあかりさんが投稿された記事をご覧ください。ということで、実質加入してまだ1ヶ月ちょっとなので気持ちは一年生です(必死)もしも「みとこんに興味はあるけど、まだなんとなくたらめらっちゃうなあ」という人で、なおかつ僕のことを知っている人がいたらぜひとも僕に一声かけてくださいな。また「興味あるけど、お前なんぞ知らん」という人がいたら、みとこんのメールアドレスrb_mitocon@yahoo.co.jpまでぜひメールをお寄せください。学部や学年、名前などのどこまで自分の情報を載せるかはあなた次第ですのでお気軽にどうぞ。きっと思っているより気兼ねすることはないはずです。

 twitterもやってます。学校の人たちとつながるためのいわゆる表アカウントは持ち合わせてないので、表も裏もないアカウントです。個人的には割とオープンにやっている方だと思っているんですが、はじめに書いた理由もあってここにはIDを掲載するのは控えさせていただきます。前々回の悠さんの記事に悠さんのtwitterアカウントが掲載されています。ひょっとすると悠さんのアカウントをきっかけに僕を発見することができるかもしれません。

 一応、もう一つ記事を書いている途中なので、近いうちに投稿しようと思っています。しかしその記事、どうまとめようかちょっと決めかねていて、なかなか進んでいないのです。次回は気になった漫画の紹介をしつつ、何か自分のことも紹介できたらいいなと考えています。

 最後にもう一度改めて宣伝させてください。みとこんは時期を問わず、参加者を募集しています。直近の活動はというと、7月のはじめに交流会を行います。僕も参加します。もし興味がある方がいたら、みとこんのメールアドレスまでお気軽に連絡をどうぞ。詳しい日時、場所をお知らせすることができると思います。一人でも多くの方のご参加をお待ちしてます。


用語集(仮)

こんにちは、悠です。
そろそろ梅雨入りの時候となり、やーな感じですねぇ。
虹みとは新メンバさんも増えて私は嬉しい限りですが、まだまだメンバさん募集中ですよ。

なんだかHPを立ち上げようみたいな話題があるのですが、用語集を勝手に作ってるので皆様の意見を伺いたくここに載せちゃいます。いろんなとこのページや書籍を参考にしているので私念が入っているかも…。

セクシュアルマイノリティ…大多数一般の異性愛者(マジョリティ)とは異なるセクシュアリティを持つ人の総称。≒LGBTs
LGBTs…Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender などのセクシュアルマイノリティを総称した言い方。マイノリティの響きに抵抗のある人が使う。XAIQ方面からは異論が出ることも。

Lesbian…女性愛女性
Gay…男性愛男性
Bisexual…両性愛
Pansexual…全性愛
Tranny Chaser…T・ニューハーフ・Xジェンダー等マジョリティ的男女以外が好きな人
X gender…男女どちらでもない、どちらにもなりたくない、性別に捉われない生き方をする/したい人
A-sexual…無性愛者。性愛、恋愛に興味がない、嫌悪感を抱く人。アセク?エーセク?
Non-sexual…非性愛者。恋愛に興味はあるが性愛は不要と考える人
Inter Sex (Differences of Sex Development:DSD)…性分化疾患。半陰陽や両性具有者とも。生まれつきの性器が男女どちらかで統一されていない人
Questioning…まだ自分のセクシュアリティが確定していない人

Trans gender(広義)…身体的性別と性自認が一致していないと考える人。LGBと違い、手術やホルモン療法の可否判断のために精神疾患である。その割に手術やホルモン療法は自費。最近脱病理化の気運が世界で上昇中。
Trans sexual…強い身体違和感により、手術して性別を変え性自認の性別で暮らす/暮らしたい人。
Trans gender(狭義)…身体違和感があり、普段の生活は性自認のせいで暮らす/暮らしたいが手術までは考えていない人。
Trans Vestite…身体違和感があるが異性装をすることで落ち着けている人。
MtF/X…戸籍上男性で女性/中性になりたい/なった人。
FtM/X…戸籍上女性で男性/中性になりたい/なった人。

Queer…セクマイやLGBTsとほぼ同義だが、原義が「変態」なので抵抗のある人も。
Ally…マジョリティに属する人でセクマイに理解を示す人々の総称。

性自認…自分がどの性別であると考えるか。男性?女性?X?
性的指向…男女どちらが好きになるか。男女、両性、全性、無、T等。
性的嗜好…何に興奮するか。

クローゼット…セクシュアリティを隠して生活している状態。
カミングアウト…セクシュアリティを自ら他者に明かすこと。なかなかの勇気を要する。
アウティング…自分の知らないところで勝手に自分のセクシュアリティが公にされること。困る。
オープンリー…自身のセクマイを公言して生活している人。

ではでは失礼しました〜。

初めましての自己紹介とか。(悠)

初めまして、この3月から虹みとメンバになりました準新人の悠です。
現在工学研究科のM2で、Age25/MtX(X7:F3くらい)/性指向はF対象ノンセク/性嗜好はライトな百合です。趣味とかも要りますかね?
先の交流会でも口数少なだったので、ここで自己紹介をば。重めかもです(当社比)。

私は今年になってからセクシュアリティについて対外的に動き出したまだ駆け出し(なにがだ?)のMtXです。現在は東京の精神科でカウンセリングを受けており、他のセクマイ系の集まりに顔を出したりもしています。
2年前からフライングでホルモン剤の服用もしています。染色体は正常男性でした(ちょっと残念)。

私は本名の時は完全クローゼットですが悠の時は結構適当になりつつあります。8月に強制的に自分が性別違和であると親バレする可能性が高く、焦っているというよりもはや自暴自棄になりつつあります、ダメですね。

大体5年くらい前から性別違和について調べ始め、2年前からフライングホルモン服用を始めています。私は性別違和としては全く中核的(幼い頃から強い違和があったり、SRS必須だぜ!とかRLEやってるぜ!みたいな人)ではなく、なので精神科の診察も慎重ですし、自分でも今のところMtXと名乗っています。ただし現行のDSM-5では「経験した/表現した性別と指定された性別との著明な不一致」があれば性別違和とされるそうで、そこで行くと自分も性別違和だとも考えています。まあ当事者で判断するのは危険でもあるのですが。

私は2013年に大学院から仙台に来たのですが、来ると同時にホルモンを始めました。その時はまだ他人に言う気や精神科を受診するつもりは全くなかったのですが、色々色々あって今年の2月ごろから対外的に動き始め、ネットで虹みとを探し当て、今に至ります。
ちなみにですが虹みとは別に怪しい団体ではないです(笑)。メンバの特性上、本名住所が学校に握られても良いという方が常に一定数集まるとは限らないので公認になれないですが、学生相談にごますりにお願いに行ったりまともなサークルです!準新人が言っても説得力ないかもしれませんが、自分も怪しんでたので(笑)。

現在残念ながら虹みとにTの方は少ないです、私の話でよければ還元しても良いのですが。
LGBPの皆さん、ここにはリア充してる仲間がいます、是非一度会ってみてはどうでしょうか。
T、Aセク、ノンセク、それ以外のセクシュアリティの皆さん、Help me. 同じセクシュアリティの当事者はあまりいませんがセクマイ仲間ならたくさんいます、LGBTsに興味がある、会って話をしてみたい、会いたかないけどtwitterでなら話してもいい、そんな方がおられましたら是非連絡してみてくれませんでしょうか。
まだ自身のセクシュアリティに悩んでいるQの方もここで多様なセクシュアリティに出会えるというのは貴重なのではないでしょうか?かくいう私もまだ確立してるわけではないですし。
ていうか個人的にオープンにできる友人募集中です。(←重要)
なお一見さんの方でも現メンバの方でも質問があれば遠慮なくどうぞ。セクシュアリティのことでも違うことでもどうぞ。

ではでは長文乱文失礼しました。
悠(twitter:@Lapin_Cornu)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。